百濟王神社 最新情報

百濟王神社(特別史跡 百済寺跡)の最新情報をお届けします。

夏越の祓

去る6月30日に、夏越の祓を斎行致しました。
夏越の祓は、1月~6月までの半年間の罪穢れを祓い去り、残り半年間病気怪我無く過ごせるよう祈る神事です。

この”罪・穢れ”は、文字の如く受け取るものでは有りません。

罪→私たちが生きていく上で必要な食事は、動植物の命を頂いて成り立っています。これは自然界からすると罪に当たります。また、嘘や、人を傷つけるような言動等も罪と考えられます。

穢れ→汚い・汚れているという意味ではなく、「疲れたな」「しんどいな」など、元気の無い状態、普通の状態でない事を「気が枯れる」といい、それを「けがれ」と神道では考えます。

これら罪穢れを人形(ひとがた)に移して水に流し去ると共に、大祓の詞奏上と、茅の輪くぐりをもって祓いに祓いを重ねて行うものがこの夏越の祓です。


これと対になるものが12月31日の大祓です。この大祓も同じく半年間の罪穢れを祓い、心身ともに清浄に新しき年を迎えるための神事となります。当社では茅の輪を設置して、この大祓を執り行っています。夏越の祓 茅の輪



関連記事